Welcome to my camp site! 〜ボクらのキャンプサイトへようこそ!〜
Contents/コンテンツ

ブログ/日記(What's New!)

【連載中!】
子育て家族のアウトドア講座
 (子育て・育児支援の“こそだて”)
生きるチカラをデザインしよう!
 (西日本新聞社・子育て夢広場)

アウトドアマニュアル ・アウトドアTips
・親子キャンプマニュアル ・役立ちBooks
・九州アウトドア遊び満喫Books

九州フィールドノート(ブログ図鑑)

・アウトドアCookingレシピ集 ・ダッチオーヴン
JDOS(Japan Dutch Oven Society)

・環境に優しい生活を
・環境教育プログラムへの道

・アウトドア写真館

・アウトドアデータベース
・アウトドアEquipments図鑑
・アウトドアEquipmentsメモランダム
・生き物図鑑
・アウトドアブランドシンボル
・アウトドアブランド辞典

・アウトドアの達人たち in 九州
・紹介していただいたメディア
★Favorite リンク★
・九州ハイランドエリアのお楽しみ満載!
私も関わっています「九州ハイランド」へ

・もっと身近な場所に子供たちの遊び場を!
「日本冒険遊び場作り協会」

・使ってみたい〜!興味津々!!
工房あまね「ソーラークッカー」
・さまざまな活動に注目です!。
「地球デザインスクール」


・環境に優しい生活を考えるきっかけになれば・・・
パーマカルチャー」 をご存知ですか?

・焚き火はアウトドアシーンの主役です
日本焚火学会
・シングルストーブの選ぶ時の参考にどうぞ
沸騰テストが秀逸「SUPER SHIOSHIO'S ROOM
↓サポートもしくは運営しているメディアです。

生き物を飼育することによる自然への気づきを大切したいと考えています。
オイリーズカフェ(久留米)

Outdoor Tips
「アウトドア大技・小技・便利技」

アウトドア遊びを楽しむ時の“ちょっとしたコツ”や“ちょっとしたアイデア” を紹介するページです。
----------------------------------------------------------------------
(Tips File No.001)
「クッカーの考察」
 アルミニウム、チタン、ステンレスと、とりあえず、バックパッキングで持
っていくクッカー(コッヘル)を一通り試してみた(ホーロー製のはオートキ
ャンプ用だと思っているのでここでは除外)。
 結果から言うと、アルミ製が一番使い勝手がいい。それは素材が持つ熱伝導
性の良さからくるのであろうが、焦げつきにくい。チタンやステンレス製のク
ッカーは熱伝導性が悪いせいか、バーナーの炎があたっているところが部分的
に焦げ付いてしまう。特にチタンはあっという間だ(高価なくせに!)。憧れ
て購入しただけに落胆は激しかった。そう言えば、チタンのクッカーでご飯を
炊いているシーンをアウトドア雑誌などで見かけたことがない。これが理由な
のだろうか?。ステンレス製のは安価だけど、焦げ付くし、重いのであっさり
と定番候補から脱落。とにかく、この2種類はシチューのような煮込み料理に
は使えるが、ご飯を炊いたり、炒め物をしたりというはどうも得意ではなさそ
うだ。
 ボクはご飯がキャンプでの必須メニューなので、アルミ製のクッカーに結論
は落ち着いたわけだが、これでも火力を調節を上手にやらないと焦げてしまう
(ご飯はあまり悩まないでもそれなりに炊ける)。たぶん、軽量化するために
家庭用のように厚い金属を使えないからだろう。これは火力調節以外の実力外
でクリアするとすれば、ノンスティック加工などと呼ばれている表面処理が施
されたクッカーを使うこと。これは焦げ付きにくい上に、汚れもすぐに落ちる
のでエコロジーかもしれない。しかし、そのノンスティック加工とやらを施す
ために、どれくらいの化石燃料の使用や製造プロセスがその後ろに隠されてい
るのか知りようもないので、エコロジーだ!と断言はできない。でも、長年使
えばそれもクリアされてエコロジーなのかもしれない。
 がしかし、ここでまたボクの不満は残る。それはノンスティック加工の耐久
性、以前使っていたものだけがそうだったのかもしれないが、そういった加工
のものを家庭とキャンプとで2種類使っていた。家庭のは普通のフライパンに
加工を施したもの、もう一方はオートキャンプ用の大きめのステンレス製のク
ッカーに加工したもの。どちらも耐久性が今一歩だったから、わざわざ不便を
楽しむバックパッキングの世界にそれを持ち込む必要性があるのか?というの
もある。今、ボクはノンスティック加工が施してあるものとそうでないものの
アルミ製のクッカーを気分によって使い分けているが、この結論が出るのはも
う少し先のことかな。

----------------------------------------------------------------------
(Tips File No.002)
「仕上げはパンで」
 バックパッキングの旅や野山のトレッキングで困ることのひとつに“食器の
後片づけ”というのがある。特に油汚れのひどい食器は面倒だ。でも、カロリ
ーを消費するので、それを摂取するためにはそういった料理も時には必要にな
るので100%事前に回避することは難しい(ボクだけ?)。
 かといって、洗剤を持っていくほど余力もなければ、それはエコロジーでも
ないので、気持ちが許さない。そこでしばらくやっていた方法はティッシュペ
ーパーで汚れを拭い取る方法。しかし、これは予想以上にティッシュペーパー
を消費するのでゴミがたくさん出てしまう。そうやって落ち着いた先がパンで
食器の汚れ(食べ物だから“汚れ”なんて言うのは失礼だな)を拭う方法。フ
ランス料理を食べに行ってやるアレだ。フランス料理でお皿に残ったソースを
フランスパンで拭いとって食べることは、その店のコックを称賛することであ
るから、自分で作った料理を食べた後に食器に残った食べ物をパンで拭って食
べることも同じことだ。自分は名コックだ、と自分を褒めてあげよう。自分を
褒めたうえに食器まで綺麗になるんだから、言うことないね。上手にパンで拭
えれば、その後にお茶を注いですすれば、完璧に近いくらい綺麗になるから、
とてもエコロジカルなのである。
 日本の食文化にも、ご飯を食べ終わった後の茶碗に、お茶を注いで飲む風習
があるが、あれも似たようなもの。あれも使用する洗剤を減らすエコロジカル
な素敵な文化である。なにせ、湯飲みも使わなくていいのだから。

----------------------------------------------------------------------
(Tips File No.003)
「ティータイムセットは定番」
 “アウトドア”といって凝り固まる必要はない。外に出て、釣りをしたり、
野山を歩いたりすればいいわけなのだが、実はこれを実践できる人は少ない。
ましてや週末の家族サービスやアミューズメントとしてではなく、ライフスタ
イルとしてこれを実践できる人の割合はもっと少なくなる。これでは季節感を
感じたりといった環境に対する意識や感覚が鈍るだけだ。要するに本来、自然
環境の中でいかに安定して安全に生きていくか?ということに対して一生懸命
になっていた動物的感覚が自らの身体に必要だった時代と比較すると、様々な
技術や文化が発達してしまった現代では、そういった機能は自分から外部にア
ウトソーシングして、自身は退化してしまっているせいではないか?とさえ思
えてくる。
 そこでボクがおすすめするのは、“いつもティータイムセットを持ち歩こう
”ということ。要するに小型のシングルストーブ(携帯用コンロ:マッチかラ
イターも忘れずに)、ストーブの燃料、シェラカップ(アウトドアでは定番の
万能カップ)の3点セット。それほどかさ張らないので、これを野外へ出かけ
るときは、必ずトートバッグやデイパックの中に入れておくのだ。
 シングルストーブはもともとウィルダネス(自然)の中や山岳地帯へ入る時
に持って行けるように小型化・高性能化が進められてきたアウトドアグッズだ
が、昨今のものはマッチ一本で簡単着火のガスカートリッジ式の簡単な燃料が
使える上、100gをきるほどの軽さと卵くらいのコンパクトさが備わってい
るいるから、面倒な取り扱いノウハウも必要ない。おまけにシェラカップ程度
の水なら1、2分で沸騰してしまうほどの火力も持っている。これにチタン製
のシェラカップだと30gくらいだから、燃料まで加えても缶ジュース1本程
度の重量しかない。
 これをいつも持ち歩くのである。そして、気が向いたらコンビニでミネラル
ウォーターと紅茶のティーバッグを買い込んで(もちろん、これを持ち歩いて
もOK)公園のベンチやちょっとした原っぱでお湯を沸かしてティータイムす
るのである。そうすることによって、心にゆとりができて、周りの自然を感じ
たり、観察したりする心の余裕が生まれる。テイクアウトの食事をこれに追加
してもいい。このような行動を好んで行う人も世の中には生息していて、この
ほんの少しの時間のティータイムが楽しみたいがために、バイクや車を走らせ
、野山に出向く人もいる(もちろん、このボクもそういった人種なのだが)。
 まずは、“アウトドアグッズは専門的なもの”と思い込まず、アウトドアシ
ョップであれこれ眺めてみることをすすめたい。

----------------------------------------------------------------------
(Tips File No.004)
「コーヒー豆の再利用」
コーヒーをいれた後の、豆は良く乾かすと鍋を磨くのに使えます。油を吸って
くれるので、そのまま着火材がわりにつかえますよ。ヤシの実を粉砕したもの
が、そのような用途のために売られていますが、わざわざ買ってまでというか
たにはいいかも。昔は、砂でコッヘル磨いたけど・・・。
あと、自宅に持ちかえって、灰皿に入れておけば、たばこの匂いも消してくれ
ますね。

----------------------------------------------------------------------
(Tips File No.005)
「バンダナの使い方」

1)頭に巻いて帽子(日射病の予防)
2)首に巻いて首筋の日焼け止め
3)額に巻いて汗止め
4)手首に巻いて汗止め
5)腕